13

F1レースについてのキニナル記事

F1レースについてのキニナル記事
ひとつ下の記事に F1レース応援ツアーのことを 書きましたが こんなキニナル記事を見つけたので・・・

F1レースについてのキニナル記事
2010/04/12 07:37


2010y04m13d_020232358.jpg

もう200日余り後面2010コリアン グランプリが開催されます。 おかげでF1関連して,熱心にポスティングをしています~とても期待されますね。

この前3月31から本格的なチケット販売に入って‘もうF1開かれるだろうか? 開かれないだろうか?’とする数多かった疑問らはみなうわさなしで消えたし残ったことは‘どれくらいよく準備されるだろうか?’チョ!

現時点で心配を呼び起こしているのは私が分かることでは三つです。

資金は国会で支援するといったので,心配しないよ。。 その外的なものに対しては心配になります。

ひとまず最初が宿泊を解決できる施設なのに,これが本当に大きな問題です。 霊岩(ヨンアム)F1サーキット工事現場に行ってきたことがあるのに周囲に寝るだけのことはあるところがありません。

大型クルーズ船舶を浮かすというが,それが現実的にやさしくはないこと離苦,どうしても腹(船,梨)よりは陸地で寝ることが気楽なので数多い観光客らは安らかなホテルを探すことです。

問題は競技場すぐそばに現代ホテルがあるが,175ヶの外にならない客室はすでに皆みな予約が完了した状態.. もちろんこの予約はF1関連協会で予約したと分かっています。

3日間のF1日程の間21万程度の観覧客が競技場を探すと予想される状況では一日に約7万の観覧客が宿舎を利用するべきなのに.. 最小2~3万ヶの客室が必要とすることです。

だが,その時まで宿舎を新しく建てることもできない役割でしょう…この部分を霊岩(ヨンアム)の管轄部署では近隣のリゾート,モーテル,修練院などを皆利用するというのに,こういう場合問題になるのは交通!

二番目で問題になるのは真上で言及した“交通”上(胃)に話をしたように競技場近隣で確保された客室は175ヶの外にならないのに300人余り余りの人員を受け入れることではとうてい不足するでしょう。
それでも部署で話をした通り近隣(これと話をするには車で最小30分距離)の宿泊業者を利用して,解決することはできるだろうが,この場合競技場まで進入するのに現実的に容易ではありません。

木浦(モクポ)で防潮堤をすぎて接近することになるのに,この期間の間競技場近くのすべての公団の道路を統制して進行すれば分からないだろうか,交通大戦争が起きる確率が高いですね。
(ひとまず近隣公団の休日を調整したということ!)

また,海外観光客が少なからず来ることで(特にヨーロッパ)予想されるので交通に対してまともに準備にならないならば国家的な恥さらしになりうることです。

一部道路の交通を統制して,シャトルバスの運行を強力に実施することがさまざまな面で良いこと。

三回目はまさにトラック包装用骨材の需給問題です。 この前記事に報道された内容なのに,トラック包装用アスファルト ウォン材料に対するFIAの頑固な規定のおかげ(?)エまだトラック包装をできなくしている実情です。 FIAでは既存国内道路に使われるアスファルトコンクリートより2倍強化された基準を繰り返し固守して,関連した骨材確保に非常というもの..

事実アスファルト包装自体はそんなに難しくないが,故品質の材料を使って,一般常用(商用)道路よりさらに優秀な品質(摩擦力が良いながらも,摩耗がさらにならない-_-;)を使うならば簡単に工事をすることが大変なことです。

だから骨材を輸入しなければならないのかに対する検討が進行中というと…苦しいですね。

もう全体公正は70%程度になるのに,このような状況で骨材のために包装に問題が生ずる方法は..ティグッティグッ

私の場合にも土木をアップでして生きたので,この分野に対してよく分かるのに,こういう場合試験成績書を提出した後実際評価を経て,使用を決定するのに,今後も難航が予想されます。

それでも普通再び作るよう作っておいて,毎度補修してテムパンで汚されたトラックは…ヒウッティグッティグッティグッ

ひとまずこの三つ問題だけ解決されれば残りは政府部署で助けを与えて,最大限多くの観覧客を幼稚になれるように努力することだけ残ったが…の前にどのように進行されるか。

よく終えられて.. 世界最高のF1レースを開催できることを見送ってみます^^;牙子牙子!! ファイティング!!


大丈夫なのかなぁ・・・と、心配になりますが。
この記事に関連して 別の記事が昨夜アップされました。↓




[F1]英国オートスポーツ紙"コリアGP開催異常無し

"登録日:2010/04/13 01:09:22

カボチョン・ヨンジョ会長,12日オートスポーツとのインタビューで海外マスコミの報道反論

"2010 F1コリアグランプリは 必ず開催される"

最近フォーミュラワン(F1)コリア グランプリ開催に疑問を提起した一部海外言論の報道に対してKAVOチョン・ヨンジョ会長が正面から反論して出た。

F1コリア グランプリ大会運営法のKAVOチョン・ヨンジョ会長は去る12日英国モータースポーツ週刊誌オートスポーツ(www.autosport.com )インターネット版塔記事で"実際霊岩(ヨンアム)サーキット建設は日程よりさらに速球定律を見せている"として"来る10月開かれるコリアン グランプリの準備に対する心配はしなくても良い"と明らかにした。

これに先立ち米国と英国,ドイツなどを含んだ海外言論らは全南(チョンナム),霊岩(ヨンアム)サーキット(1週,5.621km)の公正率を根拠でいっせいにコリアン グランプリの開催に疑問を提起した。

英国のスカイスポーツ(SkySports)はドイツの週刊誌フォーカス(Focus)の報道を引用して"ポミュルロウォンメニジモントゥ(FOM)のバニーエクルレストン会長が近い将来コリアン グランプリの延期(煙,演技)に関する重大な発表をするだろう"と報道した。

米国のニューヨーク タイムズ紙(The New York Times)も霊岩(ヨンアム)サーキットをデザインした建築家ヘルマン ティルケのフォーカス紙インタビュー内容を引用して"私がデザインしたサーキットが初めて定刻に完工することができない状況が発生するだろう"と報道した。

またこのような内容を最初報道したフォーカス紙はマレーシアGP終了後韓国を訪問して,サーキットを見回したエクルレストン会長にコリアン グランプリの取り消しを決める期間がいくらも残っていなかったとしはやい決定を促すこともした。

だがチョン・ヨンジョ会長は"エクルレストン会長は最近サーキット建設進行状況を報告受けてむしろ喜んだし何の疑問も提起しなかった"とオートスポーツは報道した。

2007年10月着工した霊岩(ヨンアム)F1サーキットは70%以上の公正率を見せて今年7月完工予定だ。 ここで来る10月22~24日国内最初にF1コリアン グランプリが開催される。

今度は開催は大丈夫だという記事ですね。
F1広報大使のシウォンさんも 心配しておられることでしょう。

CJ O SUPER RACEの開催日程と合わせて 早くはっきりさせてくださいねぇ!!






comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tomo626yoko723.blog68.fc2.com/tb.php/905-33ce8ecc

プロフィール

yoko

Author:yoko
シウォンさんが 大好きです♡♡

シウォンさん関連バナー

最近の写真 (アイコン風)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

輪になって回るハート