30

(インタビュー1)韓流スターリュ・シウォン,"カーレーシングの魅力は私自身との戦い"

(インタビュー1)韓流スターリュ・シウォン,"カーレーシングの魅力は私自身との戦い"
[ポルリニュスイチョン院記者]   :2010-03-30 13:04:17
[인터뷰①] 한류스타 류시원, "카레이싱의 매력은 나 자신과의 싸움"

Vi_1269921993_20100330195329.jpg

韓流スターリュ・シウォン(38)がカーレーシングに対する魅力を伝えた。

幼い時から自動車をあまりにも好んだリュ・シウォンは最近<ポルリニュス>とのインタビューで“事実デザイナーが夢”と伝える。 だが彼は“偶然に演芸活動中あるバラエティーでレーシング体験をすることになったし,結局モータースポーツ人として背伸びすることになった契機を説明した。

引き続き"たとえ現在はモータースポーツが不人気種目だが,私からでも熱心に先頭に立って,モータースポーツが発展することができるように寄与したい"として"今年シリーズ全体3等に上げられるように努力して,ドライバーとして授賞台に上がって,実力で認められる選手になる"と今年の一年抱負を説明した。

彼をレーシングチーム監督で作ったカーレーシングの魅力に対して彼は“私自身との戦い”と耳打ちした。 引き続き彼は“レーシングをする瞬間だけはどんな考えもできない集中力が必要だ”として“レーシング途中にはマイントゥ コントロールが本当に重要だがこういう部分らが魅力的であるようだ。 一言で整理しようとするなら私自身と戦い,そしてそれにともなう良い結果が出た時が最高の魅力”と伝えた。

カーレーシングに魅力にどっぷり浸かったリュ・シウォンは“同僚芸能人らにレーシングを推薦したことがある”として代表的な例で歌手キム・ジンピョ(GM大宇)を挙げた。 リュ・シウォンは現在自身と共にドライバーで活動しているキム・ジンピョに対して“初めには極力反対すると今は私ぐらいレースにどっぷり浸かったようだ”と耳打ちした。

彼は“(キム・ジンピョが)死んでもしないといったのに2年ほどにかけて,レーシングをすれば‘多分私ぐらい熱情的にレーシングに(狂う)及ぼすことになることだ’と話した記憶がある”として“そのような彼が今はプロ レーシングチームにスカウトされて,年俸まで受ける認められる選手になって,私も非常にうれしいと考える”と微笑を浮かべた。

またリュ・シウォンは“パク・ヨンハ氏も以前に一緒にレーシングを共にしたのにまだレーシングに対する未練がたくさんあって,必ず私どものチームではなくても他のプロチームでまた“レーシングをしてみろとても楽しい”と最近推薦したことはある”と説明した。

この日リュ・シウォンはレーシングに進出する後輩芸能人らに“芸能人という特性上レースに進出をした時,どうしても他の選手たちよりはモータースポーツ発展に少なくとも助けを与えることができると考える”として“だがプロ景気(競技)であるから芸能人というタイトルよりはレーシングをする時だけはプロ レーサーとして本当に車(茶)を愛して情熱を持って参加をしたら良いだろう”と助言した。

引き続き“この頃私や二世創氏,アン・ジェモ氏,イ・ファソン氏,キム・ジンピョ氏等等プロチームでレーサーとして格好良く活動しているようにレーサーの熱い情熱があるならばプロレーサーとして十分に資格があると考える”として“自信を持ってプロレースに挑戦する後輩らがたくさんできたら良いだろう”と伝えた。

(インタビュー2)リュ・シウォン,"F1は一生一度見なければならないスポーツ" に、続く↓


(インタビュー2)リュ・シウォン,"F1は一生一度見なければならないスポーツ"
[ポルリニュスイチョン院記者]    :2010-03-30 13:16:53
[인터뷰②] 류시원, "F1은 평생 한번 봐야 할 스포츠"

Vi_1269922721_20100330195329.jpg

来る7月全南(チョンナム),霊岩(ヨンアム)で開かれる2010フォーミュラワン(F1)コリア グランプリの広報大使で選任されたリュ・シウォンが霊岩(ヨンアム)F1興行に対する格別な愛情を表わした。

世界3代スポーツの一つのフォーミュラワンの韓国大会の顔の広報大使を引き受けることになったリュ・シウォンは最近<ポルリニュス>とのインタビューで“個人的にフォーミュラワンとモータースポーツを人生の一部と考える程多くの情熱を持っていた”として“これから先進的なレース文化が国内外大衆によりなじむように近付けるようにする橋頭堡の役割をやり遂げたい”という抱負を明らかにした。

リュ・シウォンは霊岩(ヨンアム)F1興行に対して“まだ国内でF1グランプリに対して認知度や知識が大衆化したことではないと考える”という用心深い立場を明らかにした。 だが彼は“ためにモータースポーツが好きなひとりとして抜いてもかまわないが今年コリアグランプリ広報大使を引き受けて,そのどの時よりもさらに熱心にモータースポーツ大衆化に先頭に立とうとする”として“個人的にはF1グランプリは一生に一度は必ず見なければならないスポーツと考える。 モータースポーツ インとして誰よりF1コリア グランプリが必ず興行に成功するのを心より望む”と強調した。

また“今まで8度のF1景気(競技)に参観した”というリュ監督は“参観時偶然なのか運が良かったのかペドククラブで私が好むシューマッハ,アールローン所,ルイス・ハミルトン選手を直接近くで見る機会があって,とても光栄だった”として“個人的に彼らと共にサーキットを走ってみる夢を見る”と話した。 はなはだしきは彼は“ドライバーならば,誰にでもそのような夢は存在する”と説明して“だが現在としては遠い道だと考えていつも夢の中で出場している”と伝えた。

現在CJレーシングチームで活動している切歯はキム・ウイス選手と“日本のティウォン ドリフト試合が見たくて,観覧したことがある”というリュ監督は実際“PIAA HONDAチームのニッポン フォーミュラ3000クラス ナガシマ監督が韓国訪問した時,正式に3000クラスに出場してみるかという提案を受けたことがある”として“その前にもスーパードキュメンタリーとか何度も機会は多かったが現在は監督として国内プロチーム中最高のチームを目標をしているから国内活動にだけ集中するつもりで目標を成し遂げた後一回ぐらいは海外進出も考えてみたい”と話した。

数回他国のモータースポーツ現場を直接体験してみたリュ監督は‘韓国と他国のモータースポーツの雰囲気に対して“事実国内モータースポーツ現実は施設や興行,支援など環境が色々とかなり難しい”として“実際に1~2ヶだけイン サーキットさえも運営が不如意だ”と遅れをとっている国内モータースポーツ現実を惜しんだ。

引き続き“これは韓国が最高というほどの水準の自動車ブランド パワーを持っていることにもかかわらず,モータースポーツ インとして非常に残念だ”として“外国は体系的で良い施設らと多様な競技場がある。 F1コリア グランプリを契機に霊岩(ヨンアム)サーキットなど施設に対する投資が進行中で国内モータースポーツもこれから早く発展することで信じる”と期待感を表わすとみられた。

一方,韓流スターでないレーシングチーム監督によってリュ・シウォンの話は<ポルリニュス>姉妹紙<ポルリピプル>4月号で詳しく飴見られる。


レースの話になると 止まらないシウォンさんなんでしょうねぇ。
そして、記事の最後に、なんだか雑誌の4月号で他の話も聞ける・・・ようなことが書いてありますが、とっても 気になりますぅ~~!!





comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tomo626yoko723.blog68.fc2.com/tb.php/844-613fd3f5

プロフィール

yoko

Author:yoko
シウォンさんが 大好きです♡♡

シウォンさん関連バナー

最近の写真 (アイコン風)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

輪になって回るハート