08

ユギョンウク選手が 韓国のF1ドライバー候補に^^

KAVO、韓国人のF1ドライバー選抜戦のテストを完了
登録日時:2010/01/07 20:04:35

5日から3日間、マレーシアセパンソルノーV6のマシンでテストを取得

[20100107200313]_KAVO-100107-01
▶2010 F1韓国グランプリ運営法人KAVO(代表チョンヨンジョ)は今月5日から3日間、マレーシアセパンサーキットで5人のトップクラスの韓国人のドライバーを対象に、海外初の公開走行試験を実施した。

続きを読む方は
史上初の韓国人のフォーミュラワン(F1)ドライバー誕生が目の前に迫っている。

2010年F1韓国グランプリ運営法人KAVO(代表チョンヨンジョ)は今月5日から3日間、マレーシアセパンサーキットで5人のトップクラスの韓国人のドライバーを対象に、海外初の公開走行試験を実施した。国内トップクラスのドライバーたちが一堂に会し、公開的にF1に向けてのフォーミュラ競走の適応テストを受けたのは今回が初めてだ。

韓国自動車競走協会の主管で実施された今回のテストは、韓国人のF1ドライバー、最終候補を選別するための目的で実施された。テストで選抜されたドライバは、アンソクウォン、ユギョンウク、ファンジンオなど、国内派の3人と在日韓国人ジュデス、オランダ養子チェミョンギルなど、イタリア2人の計5人の候補者が出席した。これらはすべて、式(1人乗りオプンフィル)モードのレースで活躍した経験がある国家代表級実力派だ。

KARAとKAVOは、今回のドライバの選抜のための立体的な選定基準を設けている。まず、実際の走行テストを使ってトラックの掌握力、レプタイム、記録短縮の速度などの定量的なデータを抜き出して主な候補者選考の基準とした。

KARAは、審査員を現地に派遣して、テスト前にプロセスを監督する一方、海外のドライバー育成の専門家がインストラクターとして雇っている様々な記録の総合的評価が行われるようにした。インストラクターは、フォーミュラドライバマネジメントの専門家であるドイツのインゴマト(Ingo Matter)を招聘した。

[20100107200351]_KAVO-100107-04
▶フォーミュラBMWパシフィック出身ユギョンウク選手



今回の走行テストでは、1月の気候条件などを勘案して、フォーミュラワングランプリが開催される国際競技場のうち、マレーシアセパンサーキットを舞台に設定した。テストに使われる競走は、フォーミュラルノーV6マシンである。ルノーV6が選択された理由は、F1マシンと同様の高出力とスピードが優れており、候補者の高性能マシンの適応力を調べ見ることができるという点だ。

ドライバは、5日から3日間、3改造に分け、セパンサーキットを1人につき合計4時間ずつ走った。この期間内に慣れていない競走とトラックの条件にいかに早く適応してネヌニャガテストの重要なカギになる。これは、世界中の19の競技場を回り、2週間隔でレースを受けなければするフォーミュラワンの過酷な条件に耐えることができるかどうかを知るためだ。

同期間の専門家による身体能力の測定も行われた。レースドライバーの物理的能力評価の専門会社であるフィートレース(Fitrace)社でレースに最適な筋力や持久力、集中力などを評価するプロセスのことだった。身体測定のインストラクターとしては、やはりドイツ人の専門家のみエンゲル(Roman Engel)が起用された。

今回の選抜戦は、トラックの走行や身体能力だけでなく、海外の舞台への進出を考慮した様々な要素についての審査も含まれている。また、今後の発展の可能性についての専門家からの評価、外国語の能力と海外経験、普及しているスタソンなどの要素も選抜基準に含まれている。

すべてのテストの日程を終えたKAVOは今月末KARAから最終的な審査の結果を提供受けて1〜2人のドライバーとしての候補者を、圧縮された後、国際舞台進出のための支援の方法を検討する予定である。


KAVO関係者によると、"選ばれたドライバの機能に応じて、フォーミュラワンのエントリに最も近い海外フォーミュラリーグに参加し、実戦訓練を延期したり、海外の専門家レーシングスクールでの教育期間を経るなど、様々なレベルの支援策が出てくることができる"と説明した。

また、効率的なF1参入のための交渉力を持つ海外のF1ドライバーマネジメント社との業務協力方案も検討している。


韓国人のF1参入のスケジュールはまだ確定していない。しかし、2010年シーズンにテストドライバーのシートを確保を目的とするF1韓国人ドライバーの挑戦は、2010年後半または2011年ごろ可能になると見られる。

2010年冬季オリンピック、南アフリカW杯に続き、10月の歴史的なフォーミュラワン韓国のグランプリが開催されるスポーツの年だ。特に国内では初めての経験になるフォーミュラワンは、モータースポーツ業界全体に大きな波及効果を生む見込みだ。

今回のドライバ先発の行事は、このような雰囲気を加速する触媒としての役割をする。世界的な高級スポーツフォーミュラワンへの関心の上に韓国人ドライバーという国民的課題をドハミョンソ大衆との接点を拡散させることができだ。

また、韓国人ドライバーの国際舞台への進出を促し、国内のモータースポーツの質的な成長を図る効果も得ることになります。一方では、フォーミュラレースのリーグがない劣悪な家庭環境を改善するきっかけを用意することになったという評価も出ている。

KARAは、今年からユースドライバー養成のための車のレースのサポート計画を推進する方針で、F1韓国人ドライバーの育成という象徴性との相乗効果も一望できるようになった。

KAVOのチョンヨンジョ代表は7日、マレーシアの現場から"F1韓国人ドライバー養成の夢は、の韓国のモータースポーツの10年を担当する中長期的な課題であり、目の前に迫っている韓国グランプリの興行の重要な鍵"とし"今回の選抜戦を契機に、F1とモータースポーツへの国民の関心を引き出すネギルを望む"と明らかにした。


/ギムギホン記者gpkorea@gpkorea.com、写真= KAVO
[Copyrightⓒジピコリア(www.gpkorea.com)]

たしかシウォンさん F1の広報大使に選ばれていましたよね。
韓国のモータースポーツの活性化に つながる ステキなお話だと 思いました。
ギョンウク選手 ファイティ~~ン!!!











comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tomo626yoko723.blog68.fc2.com/tb.php/638-ef86c267

プロフィール

yoko

Author:yoko
シウォンさんが 大好きです♡♡

シウォンさん関連バナー

最近の写真 (アイコン風)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

輪になって回るハート