--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

リュ・シウォン・パク・ヨンハ・ペ・ヨンジュン..韓で韓流スターで生き方

リュ・シウォン・パク・ヨンハ・ペ・ヨンジュン..韓で韓流スターで生き方
[スターニュース] 2009年09月23日(水)午後01:57
韓流スターリュ・シウォン,パク・ヨンハ,ペ・ヨンジュン

20090923135749729b6_140017_0.jpg
"率直に韓国では俳優で磨いておいていない。"記者と会った俳優パク・ヨンハの話だ。 アジア全域,特に日本国内硬いファン(パン)を確保したいわゆる話す'韓流スター'だが,国内で彼の位置は全く違う。 相変らず愛されるスターであることに明らかだが日本での熱い人気を考えれば少なくない温度差を感じるほかはない。

パク・ヨンハ,リュ・シウォン,ペ・ヨンジュンなどこれら皆はアジア特に日本で韓流を導く代表スターだ。 これらが現れるばかりでも数百人の日本ファン(パン)が一瞬のうちに集まる。

だがこれらやはり国内では'韓流スター'というタイトルを捨ててそうそうたる俳優らとの競争しなければならない。 韓流スターで鼻っぱしらを高めれば競争力がないというの話だ。

数多くのヒット作を企画したSBSキム・ヨンソプCPは23日"キャスティングにあって韓流スターを好むのは日本投資を受けることが可能で,日本と東南アジアなど輸出を通じて,海外収益事業が可能なため"としながら"だが最も重要なのは韓流スターである前国内で俳優自体が持つ競争力"と明らかにした。

これにパク・ヨンハは昨年'韓流スター'というタイトルを捨てて初心に帰って'オンエア'を始め国内でフィルモグラフィーを一つ二つ積み始めた。

事実それ以前まで彼は国内では主役を演じた立派なヒット作がなかった。 よっぽどでなければパク・ヨンハ本人が"個人的に日本で活動することになったのは幸いだと考えながらも恥ずかしい点もある"としたのだろうか。 彼は"'冬のソナタ' '見てまた会って'等人気ドラマに出演したが,いつも主演ではなかった。 事実の色々な芸能人を座らせておいた時,誰がぴったり見ても主人公と考えられる人がいるのに私ではなかった"と率直な告白をした。

状況が変わったことは昨年ヒットを打ったSBSドラマ'オンエア'おかげだ。 'オンエア'が注目されて,それはやはり俳優として国内ファンたちに強い印象を残した。 以後彼はお金になる(?) 日本活動をしばらくたたんで映画'作戦'の主役を演じて,スクリーンに挑戦したし,まもなくKBS 2TV '男の話'を通じて,また一度演技変身を試みた。

もちろん韓流スターが国内での地位を固めるためには日本活動中断という機会費用が必要だ。

リュ・シウォンも国内に自身の健在さを今一度知らせるために去る20日放映終了したSBS 'スタイル'を通じて,4年余りでテレビ劇場に復帰したし,ペ・ヨンジュンも国内ファンたちが彼の名前を忘れそうである時の2007年MBC '太王四神記'を通じて健在さを今一度刻印させた。

22日会ったSBSドラマ局関係者は"日本で韓流スターとしての位置を維持するために粘り強い活動も重要だが,韓国と日本両国での人気が似ているように維持される必要がある"として"これに韓流スターらが国内作品出演にも怠らないこと"と話した。

事実韓流スターすれば頻繁な日本活動で国内人気が下落する場合すぐ'ある水行った'という話を聞くのが常で,激しい場合'日本行ってお金でも儲けなさい'というきつい話を聞く。 よっぽどでなければある韓流スター側近が"海外各国で大韓民国代表習えとの自負心を感じるが,国内に戻ればお金でも儲けに外国に行けという言葉にさびしさを感じる"と打ち明けたのだろうか。

大韓民国で韓流スターで生きていくのは思ったより容易ではない。 海外ファンたちに訴える力あるマスクとし,各種政府機関の広報大使で顔を出さなければならなくて,また思うことができないところに呼ばれて通わなければならないためだ。

だが世界化時代にこれらの重要性はより一層浮び上がっている。 キム・ヨンソプCPは"既存韓流スターらをよく活用することだけでなく新しい韓流スターの発掘を通じて,韓流を続けさせなければならない"として"これが既存韓流スターらも生きて大韓民国文化もさらに力を持つようにする基礎になるだろう"と明らかにした。





韓流スターという肩書もなんだか大変そうですね・・・
シウォンさんも 今年は 韓国でのお仕事も 多く ドラマやMCのお仕事と 韓国でもずいぶんと 露出が増えていますよね。 来年も 大変だとは思いますが 韓国のお仕事と日本でのお仕事と 両方がんばってくれたら うれしいです。
本音をいうと・・・・・
両方なんて 大変ですよね・・・  スタイル放送中は幸せな週末を送ることができました。
今度は日本のファンが少し遠くから応援する時がきたのかなぁ~~なんて思うこともあります。
寂しいけど・・・・いつまでも応援しています。。


 

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tomo626yoko723.blog68.fc2.com/tb.php/289-4ee64d40

プロフィール

yoko

Author:yoko
シウォンさんが 大好きです♡♡

シウォンさん関連バナー

最近の写真 (アイコン風)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

輪になって回るハート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。