--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22

シウォンさんの正直な想いが記事になっていますね・・・

俳優も理解できないキャラクター?
ヘラルド   2009-09-22 09:50

“これ以上偽りなった延期(煙,演技)をしたくない。”去る2008年大人気を呼んだドラマ エデンの東側で俳優イ・ダヘは突然に下車を宣言した。 彼女が引き受けたヘリンという(のは)キャラクターが劇序盤と違い方向を失って比重まで減ったことに反旗を翻したこと。 主演級俳優が役割に対する不満を吐露して中途下車をしたことは異例なことだから大きい話題を集めたことがある。

しかし最近何年間ドラマを止めはしなくても出演俳優らが企画意図と違ったキャラクターに対して職・カンジョクチョプで苦痛を訴えている事例が増加している。 偶然にもこういうドラマらは視聴者たちから無視されたり俳優らが演技力論議に包まれた。 視聴者も俳優も理解できないドラマが放映されているアイロニーな状況が演出されていることだ。

去る20日放映終了したSBS週末ドラマ‘スタイル’でスェプ暑雨陣で出演したリュ・シウォンは“普通ドラマをすれば4回程度中にキャラクターに適応をするのに今回はそう出来なかったようだ。 台本が出てくる時ごとに思えなかった状況と大使らになかなか適応が大変だった”と話した。色 KBS水木ドラマ‘お嬢さんをお願いして’で財閥2世人権弁護士イ・テユン役に出演中である定日牛島(ウド)この前“テユンが序盤に出てきた人物とはとても違うように地味だった”として変わったキャラクターに物足りなさを表わした。


200909220083.jpg

問題は視聴率の罠に閉じ込められて,方向性を失う我が国ドラマ製作現実で起因する。 視聴率第一主義の我が国放送現実でドラマが放送される途中視聴率と周囲の意見を意識して,内容展開が山へ行く場合が数多いからキャラクターのアイデンティティが揺れる場合が多い。 さらには撮影が断片台本に頼って,生放送のように進行されることが茶飯事期のために俳優らがそこまで変化したキャラクターを簡単に消化できないことだ。

あるドラマ製作関係者は“どんなドラマが大きく開いた場合その他のドラマらは人物関係を似ているようにさせて人気を呼ぶようにしようとする傾向がある”として“そうしたら初めてと違いますます人物の性格が変わって,俳優らは適応できなくて,望む煙が出てこない状況が発生する”と説明した。

KBS連続ドラマ‘君は私の運命’で主人公‘明け方’のどん詰まり姑で非難を受けたことがある俳優両衾席は“キャラクターの変化を皆理解して納得してとろうとするなら撮影するのが難しい”としてドラマ延期(煙,演技)の限界を吐露することもした。
状況がこのようだから俳優らは人気を得るほどドラマ出演を止めて映画を選択する傾向が深まった。 ドラマを通じては自分の演技を十分発揮するのが大変だという判断からだ。

一部では俳優が出演作に対して不満を打ち明けるのは責任感問題という指摘もあるが,我が国の劣悪なドラマ製作環境が変わらない限り今後もこうしたことは数十回すると見られて苦々しさだけ残る。
チョン・ジヨン記者/jyjeong@heraldm.com



韓国の俳優さん、いえドラマ業界もいろいろと大変そうですね。。
みんなが みんないいものをつくりたいという想いは 同じはずなのに・・・・・



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tomo626yoko723.blog68.fc2.com/tb.php/282-42fb28cd

プロフィール

yoko

Author:yoko
シウォンさんが 大好きです♡♡

シウォンさん関連バナー

最近の写真 (アイコン風)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

輪になって回るハート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。