--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

[リュ・シウォン コラム]私のカライプbyリュ・シウォン

またまた 大好きな車について、熱く語ってくれましたよ^^

[リュ・シウォン コラム]私のカライプbyリュ・シウォン,
オットー氏熱弁ストーリー2009/09/02 11:11
[류시원 칼럼] 나의 카라이프 by 류시원 오토씨 열변스토리

-dsc_0762_autocstory.jpg

記事を読むかたはmoreを、クリック⇒


こんにちは,リュ・シウォンです。 今度は私が今まで乗ってみた車(茶)らと私の自動車観に対して解いてみようかと思います。 前回我が国レースに対して文を書いてみるとブログだというのがそれとなくおもしろいですよ。 反応もとても良くて,自動車の話に対して何回連載をしてみるつもりです。 もしかしたら私もこういうことではオットー氏のようにブログに陥ることになるかも? ^^

ウン...ひとまず私が自動車が好きになった契機は幼かったとき記者出身のお父さんが海外出張を行ってこられる時ごとに買われたミニカーのおかげでした。 その当時にはミニカーが皆輸入品だと(その時は中国産も殆どなかったんですよ)かなり高価で,友人らにいつも憧れの対象でした。 そのように大切に陳列しておいたミニカーを鑑賞して自然に車(茶)が好きになったようです。 そうするうちに自動車デザイナーを夢見て関連学科に進学したりもしましたよ。 その後芸能人になって,自動車と塀を作る人生になるところだったがレースでさらに深い縁に陥ることになったのを見れば本当に丈夫な縁であるように見えます。

とにかく,私の一番の車は大学通った兄が譲った待遇ルマンでした。
B7F9~1
                これ思い出されるんですか?


車(茶)を受けて初めてハンドルを握った時はどんなにうれしかったのか真夜中にもわけもなくあちこちを歩き回ったりしましたね。 ルマンはドイツのオペル(Opel)から出た小型車‘カデット(Kadett)’をベースで作ったモデルでした。 だからドイツ車特有の車体剛性とバランスがよく捕えられたサスペンションが調和して,運転面白味が本当に一品だったと記憶します。 エンジンに比べて,重さがたくさん出ていく方だとスポーツカーぐらいの加速力を味わうことは難しかったがそれでも全般的な硬い感じが気に入りました。
そういえばこの頃GM大宇差も全く一緒である道を歩いていますね。 ラセティ プレミアやはりオペル アストラのベースを共有して,ドイツ車指向のセッティングだが重くてエンジンが小さくて,良い評価を受けられずにいるみなでありましたよ。 この頃ディーゼル バージョンがのどの渇きを解消させてくれたとしてももしかしたらこうも昔も今も全く一緒である道を歩いているのか,やはり自動車の歴史も回って道(ド)はかけるみたいです^^;

ルマンが一番の車だったためなのか今でも私はドイツ車が好きです。 芸能人になった後では色々な車(茶)を直接暮らせることになったが大部分ドイツ車でしたよ。 私は車(茶)を単純なイ・ドンス団と考えないで運転者との教頭を重視します。 だから基本に忠実でハンドリングが直観的であり,フィードバックが正直な車(茶)が好きなのにぴったりドイツ車がそうですね。 ウン...直ちに思い出す主要車種らを取り出せば三菱イクルリプス,メルセデス ベンツSLK230,BMW M3(E46),BMW Z8がありますね。 私に本当に多くの影響を与えた車(茶)らです。 イクリップ付く私が買った一番の車と意味があってSLK230は私が最もちやほやした車(茶)でした。

2009y09m02d_202015654.jpg

SLK230の場合はエアーダム,マフラー,曲がる等等,ほとんどすべての部分をチューニングしたんですけれど。 それもオルリンズを使える所は全部みなオルリンズで埋め尽くすようにしたしほとんど大部分の作業をDIY(Do It Yourself)でしたとすればどれくらい愛情を持って対したのか推し量れられるでしょう?
なぜとりわけSLK230が好きだったのだろうか? 考えてみると私の初めてのオープンカーであったためではないかと思います。 (オープンカーは豆悪く休むが便宜上そのまま使います^^;)日光良い日初めて屋根を開いて音楽を聞いてゆうゆうと川辺を走ったその気持ち… ‘永遠にこの道が終わらないで続いたら’という希望を持ってくる車(茶)でしたよ。


M3は後ほどハだけチューニングをしたが私が(受ける)乗った車(茶)中に最もハンドリングが優れた車(茶)と記憶します。 ポルシェももちろん良かったが私が乗ってみた車(茶)中ではM3が最高だったことのようです。 もちろんこの頃出てくる新型M3でなくE46 M3!

2009y09m02d_202252052.jpg
M3を運転してみたらあのデザインで途方もないポスを感じることになるでしょう^^

私も一時持っていた車(茶)だがいったいなぜ売ったのか今でも後悔莫及ということです。 それでもまた使者(ライオン)とか状態良い物検索も大変で… E92 M3を乗ってみようかと思ったところ以前より性能は明らかに向上したが感性的な部分がちょっと不足したのです。 E46より明らかにさらにはやくて気楽です。 ところでつまらないというのが大きな問題でしたよ。 過度によく整えられたといいましょうか? E46ははやいだけの車でありません。 事実E46よりはやい車(茶)は多いです。 だがE46より運転おもしろい(埋まる)けることの探し難いです。 二つとも乗ってみることが出来ない人ならばE92を推薦しますが…がブログに遊びにこられる方々は皆自動車マニアであるから何のお言葉なのかご存知です。 そうでしょう? ^^


だが私が車(茶)を選ぶ時,パフォーマンスだけを重視する方ではありません。 むしろ私は自動車デザイナーが夢だった時期の影響のためなのか第一印象を最も重要視します。 いつかBMWのデザイナーであったクリス バングルがこういう話をしたそうですね? “如何にもよく走るBMWでも生涯80%は停止(整地)している。 それで自動車はそれ自体としてアルムらしくすべきだ”. あきれた明言(名言)です。 私は100%共感してよ。
そのような点ではBMW Z8が最も完ぺきな車(茶)であったようです。

2009y09m02d_202537918.jpg
007でポンドゥカで活躍した車道も有名でデザインならばデザイン! 性能ならば性能! 本当に何一つ陥る部分がない上に限定生産されて,お金があっても(求める)救うのが難しいから所蔵家分まで兼ね備えましたよ。 ウン...Z8は明らかに時間が経つほどさらに高くなる車がなるんです。 私も我が国に発売された時は買えなかったが後日では難しく購入することになりましたよ。 運転していれば自ずから口がぽかんと~広がる(埋まる)けります。

だが! 上で言及した車(茶)らは日常的に(受ける)乗るには率直にちょっと不便(不快)な柿(感)があります。 ドイツ車のスパルタンハムを愛しない時ではとても神経質に感じられて簡単に疲労を呼び起こしたりもしますね。 もし私が一日中運転だけしなければならない職業ならばクライスラー300C SRT8を選びそうですね。

2009y09m02d_202754414.jpg

SRT8はBMWのM,メルセデスのAMGのようなクライスラーの高性能バージョンを指し示すのに300C SRT8はAMGのDNAに生まれました。 ところで米国車の安らかさとAMGの性能をあまりにもよく混ぜ合わせて出しました。 一つを得れば一つを失うのがイチイだが価格抜いて,何も失っていないですよ。 インテリアが思わしくなくても,これという便宜仕様が多少不足してもみな容赦できるほどでした。


とても外車の話だけしたんですか? ^^ところで今は国産車も期待してみるべき程でありそうです。 特にこの頃現代自動車の発展は本当に眩しいです。 今回出てきたエクースを見て下さい。 私は一番最初にフロント オーバーハングが目に映りました。 ‘国産車があのように短いオーバーハングを作ったということか!’といいながら驚いた思い出しますね。


2009y09m02d_203013009.jpg

だがさらに驚くべきであることはジェネシス クーペでした。 今年レースに出場を計画する時,気迷いなしでジェネシス クーペ ウォンメーク前に出場を決心したのもそれだけ量産差を乗ってみて強い印象を受けたためです。 もちろんまだ初めてFRスポーツカーと少し不足した部分もあるがこれぐらいならば出しても遜色がないほどでした。 初めての酒に腹がいっぱいだろうか~などを論じるのではありません。 私は初めての酒にも腹がいっぱいだったんですよ^^;誰かは車体剛性を指摘したのにチューニングがきわめて制限されたウォンメーク全(前)でレースをしてみた結果で申し上げれば,充分です。 だけでなく運転の面白味もあって基本ベースも立派だよ。 現在ジェネシス クーペGTバージョンをチューニング中なのに完成されれば1000ccスーパーバイクのラップタイムを追い越すこともできないだろうか期待しているほどです。 まだ太白(テベク)サーキットで1分以内に入ってくることができる量産差はバイクやめて,ほとんど探し難いですね。


2009y09m02d_203329270.jpg

このようにレースから出たフィードバックを持続的にやり取りしてみるならば我が国でもいつかBMWのハンドリング,アウディのデザイン,メルセデス ベンツのカリスマ,日本車(茶)の品質にポニカの感性まで兼ね備えたさらって行って出ることができないでしょうか? ^^いつか私のドリームカーがメード・イン・コリアになる日がはやくきたら良いです。



したい話はまだとてもたくさん残ったが…すでに時間がたくさん流れましたね。 自動車の話は本当に開始だけしてすれば時間がたつこと知らないようです。 残った話は次のバンにまた使ってみるようにしますね。



この文を読まれた皆さんの車庫にドリームカーが位置するように願って…リュ・シウォンでした。
[出処] [リュ・シウォン コラム]私のカライプbyリュ・シウォン|作成者オットー氏



あなたの 車好きは ほんとうですね^^
わたしが ず~~~っと、隣で聞いてあげますよぉ。。




comment

tako
話し出したら止まらない~(#^.^#)
大好きな車の話は、目をキラキラさせながらしてるんでしょうね~
自分でも言ってるけど、ブログに目覚めちゃうかな・・
ドラマが終わって、日本のスケジュールも落ち着いたら
眠ってるブログを始めればいいのにね~^^
2009.09.02 22:27
asako
ほんとシウォン君は車が大好きですよね。

レース後のファンミでもファンからの質問が車に関することだと
いっぱい話をしてくれたしね。

去年はレース場にsmartで、今年はGrand Cherokeeで、
来年はまた新しい車に乗っていたりしてなんて思っちゃいます。

もっともっと熱く語ってほしいなぁ。
2009.09.02 22:42
yoko
takoさんへ
眠ってるブログのお話、どこかで聞いたことがあります^^
でも車のことを書かせたら、何日あっても足りないくらいかも(笑)
レーサー王子はとってもステキですが 車の話をするときは たまに、子供のころに戻ってしまったようで、なんだかかわいいですね♡♡


asakoさんへ
asakoさんはよくレース応援に行かれるんですよね!いろんな王子のお顔を見ているのかな。。うらやましいです。
車の話をしているときは お目目がきらきらしてますよ(笑)
そんな彼の隣にず~~~っと座っていたいけど・・・
あ~~むなしいですぅ^^;
王子のお話、聞かせてくださって、どうもありがとうございました。
うれしかったです♪
2009.09.04 02:29

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tomo626yoko723.blog68.fc2.com/tb.php/216-326a646b

プロフィール

yoko

Author:yoko
シウォンさんが 大好きです♡♡

シウォンさん関連バナー

最近の写真 (アイコン風)

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

輪になって回るハート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。